包括遺贈とは、遺産の全部又は半分というように割合を示して行うもので、
その割合に相当する遺産の権利義務を承継することになります。
したがって、プラスの(積極財産)だけでなく、
マイナスの(債務、消極財産)も
承継することになります。
包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有することになり

特定遺贈とは、
遺産のうちの特定の資産を指定して行うものです。
 
負担は、特定遺贈だけでなく、包括遺贈にも付けることができます。
 遺贈を受けた者は、遺言者の死亡後その遺贈を放棄することができますが、
、いったん遺贈の承認又は放棄をした場合には、これを取り消すことはできません