建物等の評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 原則として一棟の家屋ごとに評価
  • 家屋の固定資産税評価額で評価
  • 建物と一体となっている設備は一般的に 固定資産税の評価に含まれます 。
  • 固定資産税の対象となっていない ものは、別途評価が必要な場合もあり
  • 門や塀 など屋外設備の価額は 、 再建築価額から経過年数に応じて減額控除した金額の 7 0 %で評価します 。
  • 庭園設備は 、時価の 7 0 %で評価します 。 建築中の家屋は 、課税時期までの支出費用の 7 0 %で評価します
  • 不動産業者などの所有する たな卸資産に該当するものは、 「たな卸商品等」で定める評価方法を準用
  • 貸家の価額は 上記により評価した家屋の価額(A)ー(A)X借家権割合×賃貸割合
  • 借家権割合は原則として30%
  • 屋敷内にある呆樹等及び畑の境界にある呆樹等で その数量が少なく、 かっ、収益を目的として所有 するものでないものについては、評価しない