財産の目録の作成前の権限

このエントリーをはてなブックマークに追加

後見人は、財産の目録の作成を終わるまでは、

急迫の必要がある行為のみをする権限を有する。

ただし、これをもって善意の第三者に対抗することができない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です