相続税・相続のことなら 合同会社 埼玉会計堤税理士会計事務所にご相談下さい

TEL.048(648)9380
さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F地図



相続堤税理士事務所・相続税埼玉県さいたま市大宮
堤税理士事務所埼玉県さいたま市大宮区相続税

 平成27年以降相続発生した場合

一般的家庭でも、相続税申告考慮する必要があります
埼玉県さいたま市大宮、浦和上尾地域の、相続相談は相続
相続税に詳しい 堤税理士事務所にお気軽にご相談下さい
      048(648)9380
                                              

相続税専門・堤税理士事務所
右側に目次が表示されますが
見ずらい方は、画面を拡大すると
表示されなくなります
また、目次が必要になりましたら
画面を縮小すると表示されます
クリックすると該当箇所が表示されます


お客様には所長税理士本人がご訪問し、

ご相談、ご指導いたしますので、ご安心下さい



所長税理士 略歴

所長 税理士 堤友幸 

昭和54年 法政大学法学部卒業

平成元年税理士試験合格

平成2年東京税理士会支部にて税理士登録

H4年埼玉県さいたま市大宮区にて税理士開業 、税理士事務所設立

関東信越税理士会 埼玉県大宮支部会員

税理士会埼玉県大宮支部
学術研究部員
調査研究部員(税理士会大宮支部役員)を歴任


相続税に詳しい税理士として、活躍中

日本行政書士会会員 埼玉県行政書士会会員


埼玉県さいたま市役所、埼玉県大宮税理士会、

さいたま商工会議所、 税務相談担当

埼玉県さいたま商工会議所 さいたま市大宮区商工振興委員

TKC社会福祉法人経営研究会埼玉県リーダーを歴任

TKC創業革新アドバイザー TKC埼玉中央支部理事

TKC埼玉県さいたまセンター,税理士会大宮支部において、社会福祉法人会計、

会社法について講師を担当

税理士会 埼玉県支部 税理士会員 会報誌

「埼玉県連マンスリー」に「会社法における株式について」を寄稿
(講演、原稿執筆について、ご依頼のある方はご相談下さい。)

TKC埼玉県さいたまセンターにおいて経営革新セミナーを開催。講師を担当。

なお、経歴を見ると非常に忙しそうですが、情報収集、研究熱心?なだけだと思っています。

実務最優先をもっとうにしており、

お客様には所長税理士本人がご訪問し、

ご相談、ご指導いたしますので、ご安心下さい。

以下相続税の概要を記します。

金銭評価できるすべてのものが

まれます。

 

被相続人一身専属していた権利及義務は、

相続対象となりません

 

みなし相続財産

相続遺贈取得したものとみなして課税されま

す。
代表的
なもの

    生命保険契約

損害保険契約づく死亡保険金

被相続人死亡によりける保険金

保険料被相続人負担したものです。

 

被相続人死亡によりける保険金であっても、

 

保険料相続人等受取人

負担しているときは

所得税一時所得)の課税対象となり、

保険料被相続人または相続人等

受取人以外負担しているときは

贈与税課税対象となります。

 

      死亡退職金

被相続人退職手当金等で、

その死亡により相続人等支給けるもの

 

被相続人雇用主から

弔慰金等

支給されたものであっても、

死亡当時における

賞与以外給与額半年分

(業務上死亡であるときは3年分

える部分は、

退職手当金してわれます。

 

生命保険契約する権利

保険事故発生していない

生命保険契約で、

被相続人保険料負担し、

つ被相続人以外契約者であるもの。

 

相続税非課税財産

 

墓地

仏具

国等への寄附

 

生命保険金のうち

法定相続人人当たり500万円

 

死亡退職金のうち

法定相続人1人当たり500万円 

は、相続税はかかりません。

 

生命保険金死亡退職金

非課税金額計算における人数

は、のようになっています。

1.法定相続人には相続放棄したむ。

 

被相続人に養子がいる場合

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

 

める養子実子とみなされ、

養子についての人数制限

対象外とされます。

 

特別養子縁組による養子

 

その被相続人配偶者実子

被相続人養子となった

 

被相続人との婚姻前

被相続人

配偶者

特別養子縁組による養子となった

で、

婚姻後にその被相続人養子となった

 

被相続人実子若しくは養子又

その直系卑属

相続開始前死亡し、

相続権ったため

わって相続人となったその

直系卑属やひ)は、

実子とみなされます。

 

相続税基礎控除額

相続税総額適用も上記

人数制限適用されます

 

遺産にかかる基礎控除

平成27日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数

 

純遣産額算出

まず、被相続人財産

金銭評価し、総遣産額計算します。

 

-債務葬式費用控除し、

 

+相続時精算課税制度適用財産

(相続時精算課税適用財産は、

贈与価額

相続税課税価格加算

 

+相続などにより財産取得した

相続開始前年以内

暦年課税贈与けた財産

特定のものはきます)

=(課税価格合計額

 

課税遺産額算出

(課税価格合計額-

「遺産にかかる基礎控除額

=課税遺産額

 

遺産にかかる基礎控除

平成27年1月日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数

1.法定相続人には相続を放棄した人を含む。

 

被相続人に養子がいる場合は

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

・実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

 

次に定める養子は実子とみなされ、

養子についての人数制限の

対象外とされます。

 

特別養子縁組による養子

 

その被相続人の配偶者の実子で

被相続人の養子となった人

 

被相続人との婚姻前に

被相続人の

配偶者の

特別養子縁組による養子となった

人で、

婚姻後にその被相続人の養子となった人

 

被相続人の実子若しくは養子又は

その直系卑属が

相続開始前に死亡し、又は

相続権を失ったため

代わって相続人となったその人の

直系卑属(孫やひ孫)は、

実子とみなされます。

 

「課税価格合計額」が

遺産にかかる基礎控除額以下であれば、

相続税申告必要ありません。

 

小規模宅地配偶者税額軽減等

特例適用することによって

基礎控除以下場合は、申告必要です

 

各相続人等算出税額

 

相続税総額を、

実際取得した遺産額じて按分し、

各相続人等負担すべき税額算出

 

税額加算

遺産取得した人が

被相続人配偶者および

親等血族でない場合

は、その相続税額に、

その20相当額加算されます。

 

)「1親等血族」には、

被相続人養子まれます。

ただし、被相続人直系卑属)は、

被相続人養子になっていても、

被相続人直系卑属)が

相続開始前死亡したときや相続権

ったためその

代襲して相続人となっているときをき、

この場合一親等血族にはまれません

 

配偶者税額軽減

 

配偶者が、相続または遺贈により財産取得している場合には、

金額金額までは相続税

されません。

   千万円

配偶者法定相続分相当額

 

仮装またはぺいされていた財産対象

なりません。

配偶者税額軽減けることによって、

相続税額が「0」となっても、

相続税申告書提出必要です

 

申告期限までに遺産分割まらない場合

配偶者税額軽減けることはできません

 

ただし、相続税申告書又更正請求書
申告期限後3年以内分割見込書

を添付したで、
申告期限までに分割されなかった財産について
申告期限から3年以内分割したときは、

税額軽減の対象になります。


なお、相続税申告期限から

3経過するまでに

分割できないやむをない事情があり、

税務署長承認けた場合で、

その事情がなくなった翌日から

4月以内分割されたときも、

税額軽減対象になります。

 

配偶者の税額軽減の手続

(1) 税額軽減の明細を記載した相続税の申告書又は更正の請求書に
戸籍謄本と (遺言書の写し) 遺産分割協議書の写しなど、 を添えて提出してください。  印鑑証明書
も添付する必要があります。

(2) 相続税の申告後に行われた遺産分割に基づいて

配偶者の税額軽減を受ける場合は、

分割が成立した日の翌日から4か月以内に

更正の請求という手続をする必要があります。

 

 

相続開始前年以内に、被相続人から贈与

受けている場合

遺産取得したが、

相続開始前年以内に、被相続人から

贈与受けている場合

 

その財産贈与税配偶者控除適用けたものをく)

は、相続財産加算されるとともに、

その財産について課税された贈与税控除します

 

税額控除

 

未成年者控除

財産取得したが、

20歳未満相続人

相続放棄があった場合には、

その放棄がなかったものとした場合相続人

である場合


改正前
6万円×(20歳一相続開始時年齢

平成27年日以後
10万円×(20歳一相続開始時年齢


障害者控除

財産取得したが、

日本国内住所する

障害者で、かつ、

相続人

相続放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合

続人)である場合

改正前
一般障害者場合万円×(85歳一相続開始時年齢
特別障害者場合2万円×(85歳一相続開始時年齢

平成27年日以後
一般障害者場合10万円×(85歳一相続開始時年齢
特別障害者場合20万円×(85歳一相続開始時年齢

 

相次相続控除

今回相続開始前10年以内被相続人

相続、などによって財産

取得相続税されていた場合には、

その被相続人から相続などによって

財産取得した相続人ります。)

の相続税額から一定金額控除します。

 

相続時精算課税分贈与税額控除

相続時精算課税適用財産について

せられた贈与税がある場合には、

その人相続税額からその贈与税額控除します。

なお、その金額相続税額から控除する場合において、

なお控除しきれない金額があるときは、

その控除しきれない金額還付けることができます。

この税額還付けるためには、

相続税申告書提出しなければなりません。

債務控除

借入金など、で債務として確実なものは

相続財産から控除できます

 

葬式費用

などへの支払

葬儀社、タクシー会社などへの支払

お通夜費用

医療費未払
その年固定資産税未払
所得税住民税未払
国民健康保険等未払
事業上未払

 

 香典、 弔慰金(一定のもの)は 非課税です
業務上の死亡では、賞与を除く給与の3年分まで
・業務上以外の死亡では、
賞与を除く給与の半年分までが非課税

 

相続税申告

 

相続等(課税価格合計額

が「遺産にかかる基礎控除額」をえ、

納付税額算出

(小規模宅地軽減

配偶者税額軽減などを適用しないで計算

されるときには、

相続開始のあったことをったから

10ヵ月以内に、

死亡時住所地所轄税務署長

申告書提出しなければなりません。

申告期限までに遺産分割まらない場合

各相続人法定相続分割合

取得したものとし申告する必要があります。

その分割まった時点で、

修正申告または更正請求をします。

 

申告期限までに遺産分割まらない場合

配偶者税額軽減

小規模宅地軽減等

けることはできませんので、

税額軽減がないものとして申告納税します。

申告期限から3年以内遺産分割われて

税額軽減けることができた場合

更正請求」または「修正申告」をいます。

 

 

相続人不存在

 「相続人不存在」とは、

相続人のあることがらかでない状態をいいます。

 

この場合相続財産相続財産法人とされ、

家庭裁判所が、相続財産管理人選任し、公告します

 

 その、2か月以内相続人れなければ、

管理人相続債権者及受遺者し、

2か月以上期間めて

請求申出公告をし、

 

この期間満了後、なお、相続人らかでないときは、

家庭裁判所最低6か期間めて

相続人捜索最後公告をします。

 

この期間がすぎ、以上手続終了すると、

そのになって相続人れても、

もはや権利行使することはできません。

 

手続終了後、3か月以内

被相続人特別縁故者

請求があれば、

家庭裁判所はその相続財産

全部又一部えることができます

そのになお、残存する財産

がある場合には、その相続財産は、

国庫帰属し、相続財産法人消滅します

 

 

 

相続税最近改正事項

改正は、

平成26日以後相続

小規模宅地等ついて適用します。

1.二世帯住宅要件緩和

1棟建物構造上区分されていた

二世帯住宅

被相続人とその親族々の独立部分居住していた場合

被相続人とその親族居住していた部分

対応する部分特例対象となりました。

 

なお、1棟建物区分所有登記されている場合は、

被相続人居住されていた部分られます

 

2.被相続人老人ホームに入居していた場合居住要件緩和

被相続人老人ホーム入所していたことにより、

被相続人居住されなくなった宅地等については、

 

1.被相続人介護必要なために入所したこと。

2.その家屋貸付等用途されていないこと。

 

なお、対象となる老人ホームは以下のとおり

・グループホーム

・養護老人ホーム

・有料老人ホーム

・介護老人保健施設

・サービス付高齢者向住宅

・障害者支援施設

以上条件たす場合に、

被相続人居住用宅地等該当

特例けることができます。

 

改正は、

平成27月1日以後相続小規模宅地等について適用します。

特定居住用宅地等適用対象面積を、

240㎡から330㎡に拡充

 

特定居住用宅地等

特定事業用宅地等併用する場合

改正により完全併用になりました。

 

特定居住用宅地等330㎡、特定事業用宅地等400㎡の場合

(2)27/1/1以後相続限度面積

特定居住用宅地等330㎡+特定事業用宅地等400㎡=730

 

特定居住用宅地等

特定事業用宅地等

貸付事業用宅地等

併用する場合調整計算必要になります

 

遺産にかかる基礎控除

平成27年1月日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数

 

未成年者控除

財産取得したが、

20歳未満相続人相続放棄があった場合には、

その放棄がなかったものとした場合相続人)である場合

 

改正前

6万円×(20 相続開始時年齢

 

平成27 以後

10万円×(20 相続開始時年齢

 

障害者控除

財産取得したが、

日本国内住所する

障害者で、かつ、相続人

相続放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合

続人)である場合

 

改正前

般障害者場合万円×(85 相続開始時年齢

特別障害者場合12万円×(85 相続開始時年齢

 

平成27 以後

般障害者場合10万円×(85 相続開始時年齢

特別障害者場合20万円×(85 相続開始時年齢

 

 

 

相続発生から、やらなければならない手続

死亡届提出
する

葬式費用領収書等整理をする、

遺言書があれば家庭裁判所検認ける
(公正証書遺言不要

被相続人,相続人
本籍地から
戸籍謄本をとる

相続人印鑑証明を用意する

住民票戸籍附票なども必要になる

相続開始後3か月以内
相続するか、
限定承認するか、
放棄するかをめる

 

 相続承認放棄は、

自己のために相続開始があったことをったから3か月以内に、

単純若しくは限定承認又

放棄をしなければならない」ことになっています。

        

 相続承認には、

「単純承認」と

限定承認」とがあります。

単純承認をすると、

相続人被相続人財産した

一切権利義務

無限承継することになり、

 

限定承認は

相続人が相続によって財産限度

においてのみ

被相続人債務及遺贈弁済べきことを承認するものです

 

 なお、限定承認をするには、

民法められた方式によることが必要

ですし、

また、相続人数人あるときは、

共同相続人全員共同してのみすることができます。

 

    

 相続放棄をするには、

その家庭裁判所申述しなければなりません。

相続放棄すれば、

その放棄したは、

その相続しては

めから相続人でないとみなされます

死亡の1から死亡日までの

所得税申告をする相続開始後4か月以内


遺産分割わらないときは、
配偶者税額軽減
小規模宅地特例
その他特例けられない
ので、早めに遺産分割ができるようにする。
(3年以内分割確定
た場合特例けられる)

現金納付不可能場合には
延納物納(提出期限あり)
手続める

 

民法の規定はこちら

 

 

 

また、平成27より、基礎控除等げにより

相続税納税者

都市部ではかなり増加するのでは、とわれており

税務署相続税調査れるものとわれます。

 

3、相続税申告のおたずねられてきたら?

相続税申告のおたずねや

相続税申告書られてきた場合には、

 

一般的税務署申告義務があると

えてってきているとわれますので、

申告書提出することをおめします。

 

税務署には、支払調書などにより

故人財産資料まっています。

 

また、土地建物等資料

過去税務申告書等資料から

故人財産

相続税基礎控除以上あると推定される場合

申告書提出がなければ、

 

当然税務調査になることが予想されます。

 

純財産基礎控除以下申告必要がないとっても

故人しか、らない財産がある場合もあり

その申告漏れを指摘される場合想定されますし

土地等評価誤りや

生命保険金生命保険契約契約変更

相続開始前年前贈与

家族名義預金など

納税者知識不足であっても

相続財産課税漏れがあった場合には

無申告加算税

仮装隠ぺいの場合には、重加算税等

課税されますので

 

純財産が、基礎控除以下であっても

申告書提出しておいたほうが無難です。

 

(相続税申告期限内申告書提出していれば、

なくても無申告加算税はかかりません)

 

また、申告書期限内提出がないと、

配偶者税額軽減

小規模宅地等評価減

原則として適用されない場合想定されます。

 

このような理由から

純財産が、基礎控除以下であっても

相続税申告書提出しておくことをおめします。

 

課税価格で3億円えるような事案

相続税額1000万円以上

税務調査割合かなり高い推定されます。

 

生命保険契約の申告漏れに注意

 

保険料被相続人口座からとされている

保険契約確認し,

本人家族名義保険

申告漏れになっていないかどうか,

チェックされます。

保険料贈与である場合には、

贈与契約書作成し、

所得税の申告時に

被相続人生命保険料対象としないように注意したい。

 

土地の評価

特に広大地申告した場合

申告誤りを指摘される場合があるので、

りのない評価をする。

 

「金地金等譲渡対価支払調書制度」が

あり,支払金額200万円える場合

支払調書提出され、

相続税申告漏れも

把握されるので、注意したい。

 

生命保険

退職金

支払調書提出されるので

申告漏れに注意

また、所得税申告書提出している場合

被相続人

生命保険料控除の対象としている

ものは相続財産になると指摘されます。

 

遺産総額が5億円えるような事案は,

問題発生しないよう

念入りに申告書作成する必要があります。

 

 

課税漏れを防ぐには、税務署のチェックシートを活用

相続税申告書に、添付する。

チェックシートを添付したほうが、

内容もしっかりするため

調査確率ないとわれます。

 

 

 

以下ややしくなりますが、

税法の観点、判例から説明をいたします

 

  (1)贈与とは?

 

贈与定義

は,相続税法では

められていないため,

民法規定よることになります。

 

  贈与は,

当事者一方自己財産

無償にて相手方える意思表示し,

相手方受諾することによって,

効力ずる」(549)

とし,

贈与契約双方合意成立する

であり,

書面しは成立要件とされて

いない。

 

 民法によれば,

書面によらない贈与

履行前撤回可能であることをけば,

贈与自体口頭によっても成立し,

権利移転じうる。

 

書面によらない贈与について相続税法にいう

贈与による財産取得した」として

贈与税するためには

贈与履行終了しで

もはや任意されることが

なくなることが必要であるとされる。」

 

  2 書面によらない贈与契約

 

贈与は,受贈者贈与者義務対応するような

義務わない契約であり,

受贈者から贈与者への

対価支払いもない無償契約である。

 

しかしは「書面によらない贈与は,

各当事者すことができる。

ただし履行

わった部分についてはこのではない。」

規定しており,

 

書面によらない贈与は,履行されるまでは,

撤回される可能性があるが。

 

この反対解釈として

書面による贈与原則して撤回することができない

されている

 

3.贈与われた財産取得時期

 

通達によると贈与われた財産取得

時期は,

 

書面による贈与……その契約効力発生した

書面によらない贈与……その履行である

 

贈与履行時期をめぐる裁判、採決例

 書面によらない贈与契約

贈与税納税義務について規定する相続税法にいう

贈与により財産取得した』とは

書面によらない贈与場合には贈与の終わった時』と解する

 

 

贈与履行有無は,

贈与されたとする財産

管理運用状況等具体的事実づいて,総合的判断される

 

定期預金自由運用するためには

その届出印必要となるところ,

本件各定期預金届出印は,

その保管状況使用状況

各名義人当該届出印

する認識及

各定期預金証書改印状況などを勘案すると

相続開始時点においても

被相続人管理していたものとめられることから

確定的移転があったとまでは,みることができない。

したがって,本件各定期預金は,

贈与によって相続人らが取得したものとはめることができず,

相続税課税財産該当する。

 

贈与履行時期をめぐる問題

親族間における不動産贈与による財産取得時期

契約とした第一審判決について

登記原因として記載された贈与年月日にかかわらず、

その登記贈与われたと判示して、

第一審判断した。

 

公正証書があっても、その贈与の時期を否認した判例は多い

 

 

贈与契約履行有無

裁決は,本件被相続人から

各名義人確定的移転

あったとみることができないと

する理由として,

 

被相続人が,

相続開始するまで, 

各定期預金届出印

各定期預金証書

各定期預金は,

いずれも被相続人によって管理支配されていたもの

められ,

 

これらの贈与はいつでも被相続人によって

しうる状態にあったと

いうことができるので、

 

これらの確定的移転

あったとはいうことはできないとしている。

 

また請求人各名義

定期預金証書請求人交付され

ていることからすれば,

証書管理支配

移転したものとめられるが,

 

定期預金自由運用するためには

その届出印必要となるところ,

本件相続開始するまでの

本件被相続人管理していたものと

められるから,

各名義定期預金について確定的

があったということはできないとしている。

 

このように裁決は,

定期預金の証券や届出印の管理支配に重きをおいている。

 

預金者であるかということにして

通説判例客観説採用しており

預金れをっているものが預金者であるとされている

 

贈与によるものと認定された裁決事例

 

請求人(相続人)名義定期預金

贈与により取得したと

認定された事例

判断理由によると,

 

 1、請求人らに贈与する

意思があったと推認されること,

 

2,定期預金見合金額

贈与税申告納税がなされ

ていること,

 

3,相続人贈与税申告等

ついて承知していたこと,

 

4,相続人らは,

相続開始前までに

被相続人から

定期預金通帳っている

推認されることをげているo

 

贈与税申告がなされていたことをその判断理由1っとして採用

している。

 

以下相続税の概要を記します。

 

相続とは 

民法は、「相続は、死亡によって開始する」

規定しています。

 失踪宣告けた場合にも相続開始します。

不在者生死不明状態が、

通常、7年間

特別危難場合には

危難ったから

年間継続したに、

家庭裁判所

利害関係人請求づき、

失踪宣告します。

失踪宣告があると、

死亡したものとみなされ

相続開始します。

 

相続開始場所は、

被相続人死亡した)の

住所められています

  

 相続開始によって

相続人は、被相続人財産

承継することになります。

 

民法める相続人となるは、

配偶者直系血族及兄弟姉妹です。

被相続人配偶者は、

相続人となります

 

は、順序

配偶者とともに相続人となります。

順位相続人は、

相続開始以前にその死亡しているとき、

相続権ったときは、

代襲相続人である

その子又相続人となります。

 

胎児がある場合には、

その胎児まれたものとみなされ

相続権することになります。

ただし、死産のときは、

この適用はありません。

 

相続税取扱いは、

相続開始には

その胎児がないものとして

相続税計算し、

その後胎児出生したときに、

更正請求等によって

納付すべき相続税額清算します。

 

順位が1もいない場合には、

直系尊属父母祖父母など)

順位相続人なります。

 

直系尊属共にいない場合には、

兄弟姉妹が第順位相続人となります。

(相続開始以前

その兄弟姉妹死亡しているとき、

相続権ったときは、

代襲相続人である

その相続人となります。)

順位相続人となります。

 

そして、配偶者は、

これらの同順位相続人となります。

 

 配偶者とは、

婚姻届出をした夫又をいいますので、

内縁関係にある夫又まれません。

また、配偶者には

代襲相続められていませんので、

先妻)の

後妻)のは、

代襲相続人とはなりません

 

相続放棄した

相続権を失った人は

めから相続人でなかったものとされます。

 

相続分

相続人数人ある場合にはまず、

その共有になります

この数人相続人

共同相続人」といい、

その相続財産上する

権利義務承継割合

相続分」といいま

 

相続人配偶者場合

配偶者及がそれぞれ1/2

 

相続人

配偶者

直系尊属父母祖父母など)の場合

配偶者2/3 、

直系尊属1/3

 

相続人

配偶者

兄弟姉妹である場合

配偶者3/4 、

兄弟姉妹1/4

 

子、            直系尊属兄弟姉妹

人以上いるときは、

各人相続分均等です。

ただし、

異父または異母兄弟姉妹

相続分

両親ともに兄弟姉妹

1/2となります。

原則として

平成25年日以前開始した相続

については、

非嫡出子相続分

嫡出子1/2となります。

 

「平成25年日付最高裁判所決定

以下違憲決定」といいます。)をけ、

平成25年日以後申告

期限内申告期限後申告及修正申告をいいます。)

処分により相続税額確定する場合

平成13月以後開始された相続ります。)

においては、

嫡出でない相続分は、

嫡出である相続分の2の1」とする

民法第900条第ただし書前段

以下嫡出する規定」といいます。)

がないものとして

民法第900条第規定適用した

相続分づいて相続税額

計算します。」

 

直系卑属である子が

すでに死亡しているときは、

その子直系卑属

(孫等)が代襲相続します。

 

また、兄弟姉妹がすでに

死亡しているときは、

その兄弟姉妹のみが

代襲相続し、

兄弟姉妹

死亡している場合には、

その子である兄弟姉妹

代襲相続められません。

 

代襲相続人相続分は、

代襲されるけるべきであった

相続分じになります

 

特別受益者

(被相続人から遺贈け、

婚姻養子縁組のためしくは

生計資本として贈与けた

の相続分は、

 

被相続人

相続開始した財産価額に、

その遺贈又贈与価額

えたものを

相続財産とみなし、

これを基礎として算出した

相続分から、

その遺贈又贈与価額

控除し、

その残額

もってその

相続分とすることになっています。

 

寄与分

また、共同相続人に、

被相続人事業する

労務提供又は

財産上給付

被相続人

療養看護その方法により

被相続人

財産維持又増加につき

特別寄与をしたがあるときは、

被相続人相続開始において

した財産価額から

共同相続人協議めた

その寄与分

控除したものを

相続財産とみなし、

民法規定によって

算定した相続分

寄与分えたをもって

その相続分とする

ことになっています。

 

遺産分割方法

被相続人死亡した)の

遺産分割する方法としては、

の3つがあります。

 

遺言

被相続人遺言していれば、

遺言通りに遺産分配われます。

ただし、相続人の「遺留分」を

すことはできません。

(民法特例く)

 

遺留分とは、

被相続人

兄弟姉妹以外法定相続人

保障されている資産承継

権利です。

被相続人による

生前贈与遺贈遺言等によって

遺留分侵害された場合

一定割合財産返還金銭による

価額弁償けることができます。

 

遺産分割協議

被相続人遺言がなければ、遺産分割

相続人いで自由

めることができます。

この協議分割では、

法定相続分通りでなくていません。

 

    

 15したは、

すべて遺言をすることができます

 

遺言通常

遺言証書」によってしなければなりません。

しかし、死亡危急った

一般社会隔絶した場所にあるため

通常方式による遺言ができない場合には、

特別方式による遺言をすることができます

 

民法規定する方式によらないものは、

すべて無効になります。)

 

 遺言は、停止条件した場合

遺言者死亡からその効力じます、

 

遺贈によって取得した財産取得時期は、

通常遺言者死亡であり、

相続税課税原因発生します。

 

遺留分とは、

民法上相続人当然取得できるものとして

保障されている最少限度財産をいいます

 

遺留分減殺請求

 遺言によって遺留分

侵害された法定相続人が、

遺留分減殺請求った場合には、

その部分についての

遺言効力われます。

 

遺留分権利者

となることができる相続人は、

直系卑属

直系尊属

配偶者られ、

兄弟姉妹には、

遺留分がありません。

 

遺留分割合

相続人直系尊属だけである場合

……被相続人財産1/3 

 

相続人直系卑属だけである場合

……被相続人財産の 1/2

 

配偶者だけである場合

……被相続人財産の 1/2

(配偶者兄弟姉妹場合みます。)、

 

直系卑属配偶者場合

……被相続人財産の 1/2

 

直系尊属配偶者場合

……被相続人財産の 1/2

(各相続人の遺留分は

相続分に応じて算定されます。)

 

遺贈とは、

被相続人遺言によって

その財産移転することをいいます。

贈与者くなることによって

効力じる贈与

死因贈与)については、

相続税法上

遺贈としてわれます。

 

2 包括遺贈特定遺贈

 遺贈には、包括遺贈特定遺贈とがあります

 

 死因贈与とは、

贈与者死亡によって効力ずる贈与をいいます

相続税法では死因贈与

遺贈めて規定し、

相続税課税されます。

 

納税義務者

 

 




基礎控除

 相続税の基礎控除は、次の式で計算します。 相続税の基礎控除額 =5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)  例えば、相続人が妻と子供2人の場合は 基礎控除額は8000万円です。

27年1月1日以降の相続より適用

相続税の基礎控除の見直し
平成27年1月1日以後に相続又は遺贈によ
り取得する財産に係る相続税について適用します
改正後3,000万円十600万円×法定相続人の数


相続税の税率の見直し

最高税率が50%から55% (課税対象額6億円超)に引き上げ

未成年者控除

改正前
6万円×(20歳一相続開始時の年齢)

平成27年1月1日以後
10万円×(20歳一相続開始時の年齢)


障害者控除

改正前
一般障害者の場合6万円×(85歳一相続開始時の年齢)
特別障害者の場合12万円×(85歳一相続開始時の年齢)
平成27年1月1日以後
一般障害者の場合10万円×(85歳一相続開始時の年齢)
特別障害者の場合20万円×(85歳一相続開始時の年齢)

小規模宅地等

次の改正は、平成27年1月1日以後に相続等により取得した
小規模 宅地等について適用します


特定居住用宅地等の適用対象面積
特定居住用宅地等の適用対象面積を、240㎡から330㎡に拡充。
特定居住用宅地等と
特定事業用宅地等を併用する場合の限度面積
特定居住用宅地等と特定事業用宅地等を併用する場合、

改正前は限定的な併用

改正により完全併用

特定居住用宅地等330㎡、特定事業用宅地等400㎡の場合
(1)改正前の限度面積
①特定居住用宅地等から優先適用する場合
特定居住用宅地等240㎡
②特定事業用宅地等から優先適用する場合
特定事業用宅地等400㎡
(2)改正後の限度面積
特定居住用宅地等330㎡+特定事業用宅地等400㎡=730㎡

特定居住用宅地等又は
特定事業用宅地等と
貸付事業用宅地等を併用する場合、
調整計算が必要







税額控除                               

                                               ページトップへ戻る

相続税 などの規定には、
申告と所定の記載を条件に適用されるものが数多くあります。
無駄な税金を払わないためにも、
相続税のことは、経験豊富な当税理士事務所に、ご相談ください。

さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F 

税理士行政書士 堤 友幸(つつみ ともゆき)


昭和54年法政大学法学部卒業
 

平成元年税理士試験合格 平成2年税理士登録


税理士会埼玉県さいたま市大宮支部会員 

 埼玉県行政書士会会員

TKC全国会会員  堤税理士事務所地図 

電話048(648)9380


相続税専門の税理士がご質問にお答え致します

無料相談実施中です
相続税,相続,遺産分割, 相続税申告書,さいたま市埼玉県さいたま市大宮区税理士

法人税の顧問税理士をご希望の方

会社法に詳しい顧問税理士をご希望の方

 

輸出消費税還付の税理士をご希望の方

税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。

堤税理士事務所情報 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F



ITに強い税理士事務所

さいたま市,大宮,浦和,岩槻,上尾市,蓮田市,
堤税理士事務所 埼玉県さいたま市大宮区にお任せ下さい
法人税、消費税還付に詳しい 税理士 行政書士 堤友幸

  地 図 | 路 線 | 渋 滞 | 天 気 | 郵 便

ニュース ニュース - 朝日新聞 - 読売新聞 - 日経新聞-yahoo-google
官公庁
国税庁 - 財務省 - - 電子政府の窓口

税務署

埼玉県 - 東京 - 茨城県 - 長野県

県都税


埼玉県 - 東京 - 茨城県 - 長野県
市町村 埼玉県 - 東京 - さいたま市

このページの先頭へ

税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。

堤税理士事務所情報 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F


みなし相続財産

相続遺贈取得したものとみなして課税されま

す。
代表的
なもの

    生命保険契約

損害保険契約づく死亡保険金

被相続人死亡によりける保険金

保険料被相続人負担したものです。

 

被相続人死亡によりける保険金であっても、

 

保険料相続人等受取人

負担しているときは

所得税一時所得)の課税対象となり、

保険料被相続人または相続人等

受取人以外負担しているときは

贈与税課税対象となります。


生命保険金のうち

法定相続人人当たり500万円

 

死亡退職金のうち

法定相続人1人当たり500万円 

は、相続税はかかりません。

 

生命保険金死亡退職金

非課税金額計算における人数

は、のようになっています。

1.法定相続人には相続放棄したむ。

 

被相続人に養子がいる場合

・実子がいる場合
養子のうち1人まで
が法定相続人の数として認められる

実子がいない場合・・
養子のうち2人まで
が法定相続人の数として認められる

 

める養子実子とみなされ、

養子についての人数制限

対象外とされます。

 

特別養子縁組による養子

 

その被相続人配偶者実子

被相続人養子となった

 

被相続人との婚姻前

被相続人

配偶者

特別養子縁組による養子となった

で、

婚姻後にその被相続人養子となった

 

被相続人実子若しくは養子又

その直系卑属

相続開始前死亡し、

相続権ったため

わって相続人となったその

直系卑属やひ)は、

実子とみなされます。

 

相続税基礎控除額

相続税総額適用も上記

人数制限適用されます

 

遺産にかかる基礎控除

平成27日以後相続税基礎控除

3,000万円十600万円×法定相続人数


相続税,相続,遺産分割, 相続税申告書,さいたま市埼玉県さいたま市大宮区税理士

法人税の顧問税理士をご希望の方

会社法に詳しい顧問税理士をご希望の方

 

輸出消費税還付の税理士をご希望の方

税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。

堤税理士事務所情報 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F



ITに強い税理士事務所

さいたま市,大宮,浦和,岩槻,上尾市,蓮田市,
堤税理士事務所 埼玉県さいたま市大宮区にお任せ下さい
法人税、消費税還付に詳しい 税理士 行政書士 堤友幸

  地 図 | 路 線 | 渋 滞 | 天 気 | 郵 便

ニュース ニュース - 朝日新聞 - 読売新聞 - 日経新聞-yahoo-google
官公庁
国税庁 - 財務省 - - 電子政府の窓口

税務署

埼玉県 - 東京 - 茨城県 - 長野県

県都税


埼玉県 - 東京 - 茨城県 - 長野県
市町村 埼玉県 - 東京 - さいたま市

このページの先頭へ

税理士略歴
埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
学術研究部員を歴任
TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。

堤税理士事務所情報 
埼玉県さいたま市大宮区土手町3-88-1-3F

ナビゲーション